Discover New Places トイレの水漏れに焦らない!意外と簡単な修理方法

トイレの水漏れに焦らない!意外と簡単な修理方法


配管からの水漏れはパッキンの劣化かも

トイレの水漏れに気付いたら急いで止水栓を閉め、もし止水栓が原因の場合は元栓から水を止めます。止水栓はトイレタンクの横です。閉めるときは、マイナスドライバーで右に回します。

水漏れの原因が配管の場合、給水管と配水管をつなぐ分岐部分か、タンクと便器をつなぐ配管か、配水管とタンクをつなぐ接続部のいずれから漏れている可能性が高いです。配水管と配水管の分岐部分が原因の場合はパッキン交換で済むでしょう。

そして、タンクと便器間の配管から漏れている場合はナットの緩みかパッキンの劣化、配水管とタンク間の接続部から漏れている場合はパッキンの劣化が疑われます。多くがパッキンの劣化であるため、自分で修理することも可能です。その際は、パッキンのサイズを間違えないようにしましょう。

タンク内のトラブルも珍しくない

便器内の水が常にちょろちょろ出続ける場合も、水漏れです。タンクに入っている浮き玉の位置を調整すると直る可能性があります。タンクの蓋を開けて水位調節リングのロックを解除した後、それを左に回します。大きく回すほど水位が変わるため、状況に応じて調節してください。

ちょろちょろどころでなく、大量の水が流れ続けている場合は、フロートバブルの位置がずれているだけかもしれません。やはりタンクの蓋を開けて正しい位置にフロートバブルを戻してみましょう。

それから、タンク内で少しずつ水が流れているなら、ボールタップが劣化している可能性があります。ボールタップを抑えつつ袋ナットとツバ付きナットをレンチで外しましょう。そして、外側の管を取ったらボールタップを内側方向に引き抜き、買ったものと交換してください。

水漏れは、浴室や洗面所などといった水回りで起こりうるトラブルの1つです。蛇口や水栓といった箇所の劣化が主な原因です。こうした症状を発見した時は被害が大きくならぬよう早めの対策が重要になります。